sports


オリンピアの女神はしかし、またしても彼に試練を与えた。
普通の人間なら運命を呪うだろう。
彼はそう言っていたのだ。
だが彼は違った。
「引き金に触れただけのはずが、発射してしまった」結果は4.4点。

「いや、まだ終わりじゃないよ。
点数は7.6点。
4年間、いや8年の努力が、またしてもたった1発のミスで水の泡となってしまったのだ。
最後の1発を残して断トツの首位。
いや、その運命に打ちひしがれるだろう。

アメリカの射撃の選手、マシュー・エモンズの話でだ。
それまで9発で平均10.1点を取っていたが、手の震えが止まらない。
、私が今回のオリンピックでもっと感動したのは、実は日本人のエピソードではない。
「失敗を受け入れ、また戻ってくると言った。
彼はアテネと全く同じ状況にいた。

アテネオリンピックの決勝で、彼は金メダルに最も近い位置にいた。
そして。
彼は掲示板の故障かと思ったが、そうではなかった。
それに、4.4点(の射撃)で4位に入れるなんて結構スゴいだろ?」IOCのロゲ会長は、彼のこのエピソードとユーモアあふれるコメントを絶賛した。
「銀メダルを逃しましたね?」しかし彼はこう答えた。

これらはスポーツの根源といっても過言ではないのではないのでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ