靴を買うこと


私はを買うのには、とても時間がかかります。
私のだけではなく、子供たちの靴を買うのも、とても大変です。

その理由は、私の足が、幅広なことにあります。
属に言う、EEEサイズなのですが、ごくまれにEEEでも入らない場合があります。

子供たちも、残念ながら私に似てしまい、今時の小学生が何故か欲しがる、「駿足」はEEなのではけません。
幼稚園でよくはかれているバレーシューズも、つま先がかなりあまるサイズでないとはけないので、買えません。

靴を買う時には、少なくとも3件くらいのお店を周ります。
そうでないと、買いたい靴の候補さえ、見つけられないのです。

ごくたまに、どうしても欲しいデザインなのに、私の足にぴったり合うサイズが無くて、仕方なく大きめの靴を履くことがあります。
そうすると、無意識のうちに、くつが脱げないように変な力が加わってしまうのでしょう、腰が痛くなるのです。
そういえば、学生時代にも、学校から支給された靴が合わなくて、腰痛が起こったことがありました。
靴が自分に合っている、とい言うことが本当に大事であることが分かります。

なので、インターネットで、靴を売っているのが不思議でたまりません。
買える人の足を見てみたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ