酒を飲んでの失敗話


酒は飲んでも飲まれるなと申しますが、結婚前は飲まれまくっていました。

結婚後も回数は減りましたが、記憶が飛んでいることは何回かあります。

過去の呆れる話をいくつか。

珍しく早めに職場を出て、飲みも21:00頃に切り上げ帰路へ。

電車で座って熟睡。
目を覚ましたのは「お客さん、終点です」と起こされた時。

時計を見ると翌日になっていました。
えっ、終電だったわけ、と正気に戻っても時遅し。

2往復3時間以上も眠っていたようです。
早く出たのに結局タクシーのお世話になることに。

出張先、旧友に再会し痛飲。
よく覚えていませんが、目覚めたらホテルのベッドの上。

先にチェックイン済ませておいて良かったと思いつつ、Yシャツで寝ておりスーツとズボンは床に散乱。

あららと思った時に視界の片隅に入ったのが、テーブルの上の缶チューハイ。

冷蔵庫を明けると空なので、どこかで買ったのでしょう。
どこで?全く覚えていません。

これだけ酔っていて、まだ飲むつもりだったとは。
呆れながらも笑いつつ、
その缶チューハイを持ち帰り、家で飲んだことは言うまでもありません。

この2つの話は氷山の一角なのですが、ここ5年はなくなりました。

さすがに反省し、そして弱くなったのでしょう。

外で強い酒を飲むと帰るのが嫌になるからで、最近はもっぱらハイボールです。
気をつけます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ