酒は飲んでも飲まれるな、ということで、悪酔い対策。


社会人にもなると、お酒を飲む機会はかなり増えるのではないかと思います。
仕事のお付き合いもあるし、久しぶりに会った友達と・・・ということもあるでしょう。
とはいえ、お酒を飲むのは体には負担になるもの。
かといって飲まないわけにはいかない、という人はそれなりの対策をとったほうがよさそうです。
ということで、悪酔いしないために私がやっている対策をいくつかご紹介したいと思います。
まず、ウコン入りのドリンクを飲むこと。
最近はコンビニでも簡単に手に入るようになりましたよね。
実際、ウコンの成分はアルコールを代謝しやすくする効果があるそうなので、お手軽だけど効きます。
すきっ腹で飲まないこと。
胃に何も入っていない状態で飲むと。
アルコールが胃壁を直撃することになるので、どう考えても体に悪いです。
そこで、胃壁に膜を作るために、牛乳を飲むことをおすすめします。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品を食べるのもいいですね。
最後に差し水をすること。
日本酒やワイン、ウイスキーなどのアルコール度数の強いお酒を好んで飲む人は、絶対に欠かさないようにしてください。
アルコールを代謝するときは、体が水分を必要とします。
水を飲まないでお酒を飲むのは脱水症状にもつながるので絶対にやめましょう。
お酒は適量を守って楽しく飲むのが一番ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ