選ばれるおもちゃ


子供のおもちゃに関する悩みは生まれた時から始まります。

木のおもちゃがよいのか、カラフルなおもちゃがいいのか、キャラクターものがいいのか・・・
悩んで悩んで購入していくのだけど、親が選んだものが、子供にとって気に入るものではないことも多いです。

一番おかしかったのは、結構な金額を出して購入したおもちゃを子供の前で開けて見せた時、
中から出てきたおもちゃよりも、包んでいたビニール袋に飛びついた時でした。

少し大きくなってくると、自分でおもちゃを選択するようになります。

これで親は悩みが減るかと思いきや、どんどん部屋を占領していく小さなパーツたちに悩まされる生活が始まります。

この頃になると、全く別の種類のおもちゃも組み合わせながら遊び始めるので、
部屋中にありとあらゆるおもちゃが引っ張り出されて壮観な眺めにも悩まされたりします。

でも、そんな遊びを始めると、子供から親へもヘルプが出されることが増えて、一緒におもちゃを楽しむことができるようになります。

部屋の中が突然に大海原に漂う船になったり、妖怪の住む谷になったり。

その中で子供たちは船長になったり、ヒーローになったり、親は妖怪として退治されちゃったり。

子供の想像力は無限大です。

悩みながら選ばれたたくさんのおもちゃたちが、子供たちの頭の中でたくさんの思いをはぐくんでいくのです。

だからこそ、親も子供もたくさん悩んで大切なおもちゃに出会っていくのだと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ