貴重な液晶テレビ


数年前に地デジ対策の時、アナログ放送終了や地デジ対策テレビの購入の事で世間は大騒ぎでした。
若夫婦や若者世代は別として、年配の方々の中には地デジ専用のテレビは必要ないと頑なに購入をしない人もいたようです。
買わないのではなく買えない人もいたでしょう。
今はかなりディスカウントされていますが、その当時は地デジの液晶テレビは高額でした。
私の父は地デジ対策の一環として、画面の大き目の液晶テレビを購入し、お古の某有名メーカーの薄型液晶テレビを私が譲り受けました。
とても見やすくてものすごく気に入りました!この薄さになれてしまうと、よくあの大きくて重いブラウン管テレビを使っていたのだろうと不思議になってしまいます。
父から譲り受けたお蔭で変更後も快適なテレビライフが過ごせています。
オリンピックやら年末年始の特番も楽しんでいます。
しかし、最近、この液晶テレビの液晶が何となく変なのです!突然真っ黒になり気まぐれに映らなくなります。
真っ暗くなってほっておくと元に戻る時もあれば、不機嫌になり、真っ暗になったままの事も。
調べてみるとバックライトが切れかかっているかもしれないとの事でした。
気まぐれなので、ずっと映る日もあります。
みたい番組がある時に限って映らなくなったりもします。
貰ったテレビなので、大切に使おうとは思っているのですが、真っ黒画面が続くとなれば、早めに買い換えようと思っています。
もうすぐ増税ですもんね。
増税前に小ぶりでいいから新しい液晶テレビがほしいけれども、ご機嫌良く映っている日を見ると、すぐには買い換えなど出来ません。
悩みますね。
誰かいらないテレビを譲ってくれないかなあ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ