胡椒


「味」といえば、甘味、酸味、苦味、塩味、旨味とありますが、風味も大事ですよね?
どの味も風味を付ける事で、数倍美味しく感じるとおもいませんか? 
たとえば、「お肉」。
牛肉でも豚肉でも素材を生かして、そのものの味で味わってみたとします。
まず「塩」は使うでしょう。

甘味はどうでしょう?酸味は?苦味、旨味は?
お料理としてはいいかもしれませんが、これだと素材そのものの味が分からなくなりそうですね。

お肉は少し匂いがあります。
不快ではないこそすれ、やはり気になります。
そこで風味をつけてはどうでしょうか?
ハーブもいいですが、どこのお宅にもだいたい「胡椒」があると思います。
シンプルに塩胡椒でいただいてみてください。
塩が肉の味をひきたて、胡椒の風味とほのかな辛味が美味しく感じられるのではないでしょうか?
ただ風味というのは「風」と付くだけあって時間とともに薄れていきます。
入れ物を開けたときの香り、粉状のものは調理には便利ですが、使っていくうち香りも無くなってしまいます。
使うときに使う分だけ、胡椒の風味は、ひきたてが一番いいと思います。

胡椒をひくのに、筒状のペッパーミルがありますが両手がふさがるし、電動のものは電池がいるし少し重いです。
そこで、ぜひchef’nペッパーボールを使ってみてください。
片手でひくことが出来るし、形もうさぎみたいでとてもかわいらしいです。
食卓にぜひひきたての「胡椒」の風味をお楽しみください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ