私のミニ観葉コレクション、水耕栽培で室内で楽しんでいます


私がコレクションしているのは、小さな観葉植物です。
園芸店だけでなく、100円ショップでも売っているミニミニサイズの観葉。
室内で楽しみたいので、ふつうの土を使わない「ハイドロカルチャー」という水耕栽培にしています。
清潔ですのでキッチンにも置けるんでよ。

リビングのシェルフを中心に、キッチンや玄関、寝室などあちこちに配置。
そのときの気分で置き場所を変えるのも楽しみの1つ。
今、あらためて数えてみたら26個もありました。
「いつのまにこんなに増えたの?」と自分でもびっくりしています。

お店で変った観葉を見つけると、つい買ってしまうので、こんな数のコレクションになったんです。

水耕栽培ですから、底穴のない容器に「セラミス」という特殊な用土で植えます。
セラミスというのは「顆粒状の焼いた粘土」。
「見た目は、細かく砕いた煉瓦という感じ」と説明するとイメージしやすいかもしれません。

ドラセナやプテリス、アスパラガスやコーヒーの木、などなどなど。
中で一番のお気に入りが「ポリスキヤス」、台湾モミジとも呼ばれている、葉っぱがユニークでおしゃれな観葉植物です。

26個もあると水遣りが大変と思われるかもしれません。
けれど、水遣りがかんたんなのもハイドロカルチャーの魅力なんです。
むしろ水は少なめにしなければならないぐらいなんですから。

これからも、コレクションを増やしていきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ