白猫しんちゃんの名前の由来


私と白猫しんちゃんが出会ったのは小学生の頃でした。

しんちゃんは父が知り合いから貰って来た、白い飛び跳ねる元気な子猫です。

初めて見た時は私は嬉しくて、そして、人生初の子猫にちょっと怖くもありました。

強く触ったら壊れちゃうかも?って思いました。

けど、しんちゃんは予想を裏切りなのか、期待通りなのかブクブクと大きなドラ猫さんになりました。

そんな、ドラ猫しんちゃんが体調を崩した時がありました。

猫トイレから出てこず、ただただ箱座りをしていました。

そこへ、テンパる私の一家は急いで動物病院へ連れて行きました。

私は学校があり、付き添えませんでしたが、結局、しんちゃんは「食べ過ぎ」との診断で、大きな病気ではなかったんですが、、、
父は動物病院でカルテを作ってもらう時に「ねこちゃんのお名前は?」と聞かれて「シンちゃんです。
シンドバットのシンです。
」と、大きな声で答えたそうです。

しんちゃんは当時、流行っていたアニメの主人公から取った名前だったので、私と父は大げんかをしました。

「シンと言えばシンドバッドだろ?」「違うよ、今、流行のアニメの主人公しんちゃん」
しんちゃんか、シンちゃんか決着が着かないまま、数年後、旅立っていったしんちゃんに白猫を見るたびに思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ