猫を守る取り組み!地域猫について


皆さんは、地域猫という取り組みについてご存知でしょうか。

地域猫は、猫の命を守る昨今注目されている取り組みです。

地域猫の取り組みは大きく注目されており、取り入れる自治体も増えてきております。

今回は、地域猫がどういった取り組みなのかを理解し、猫の命について考えてみたいと思います。

可愛い開運グッズ「あさくさ福猫太郎」

 

地域猫ってどんな活動?

はじめに、地域猫とはどのような取り組みでしょうか。

今までにありそうでなかった地域猫という取り組みについて理解しましょう。

地域猫は、猫を一定の地域全員で飼うという発想のもとに行われております。

従来であれば、飼い猫と言えば1つの家庭で飼われておりました。

しかし、地域猫は飼い主の範囲を大きく広げ、地域一帯の住民全員で複数の猫を飼うというイメージです。

そのため、地域猫となっている猫は避妊去勢の手術をされ、また識別のタグがつけられたりします。

地域猫は一定の地域の範囲内を自由に行き来することができ、人間の害になるようなことをしないよう教え込まれてるため、地域住民の迷惑になりません。

通常の野良猫は、避妊去勢手術をされていない個体が多く、どんどん子猫が増えてしまいます。

そうなると、猫の糞尿による被害等で住民に迷惑がかかります。

地域猫は、避妊去勢手術をすることで、猫と人間の共存を進めようという取り組みなのです。

地域猫の取り組みが進むことにより、その地域でむやみに猫が増えることを防ぐことができます。

また、避妊去勢された猫は、発情期がありません。

大きな声で鳴きながらそこら辺を走り回ったりして、夜に人の迷惑になることが無いのです。

それが、地域猫という取り組みです。

猫についてはもちろん好きな人もいれば嫌いな人もいます。

そこで、猫による人間の被害を最小限に防ぎ、人間と猫の共存を図っていこうとしているのですね。

 

 

地域猫のメリット

 

地域猫のメリットは人にも猫にも存在します。

まず、人にとっては、猫による人への被害が最小限にすむということです。

猫による被害としては、糞尿の被害、鳴き声の被害、むやみに増えた猫が死んでしまう被害などがあります。

それらを最小限に抑えることができるのが地域猫なのです。

人間に害をもたらすからといって、猫を処分すればいいという発想には至りません。

猫にも命があるので、人と猫でうまく共存していく道を探るべきです。

そういった発想から生まれたのが地域猫であり、地域猫には大きなメリットがあります。

その一方で猫のメリットはと言うと地域の住民から等しく餌をもらえるため、猫の餓死が減ります。

また、むやみに駆除されることもなくなるため、その地域の中であれば猫は安全に生きていくことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ