狙うは笑い


毎年職場で行うクリスマスパーティでは「プレゼント交換」が恒例となっている。

それも「500円以内」という微妙な料金設定で、「自分で選ぶこと」が基本事項で毎年何にしようか悩むのが楽しみなのだ。

受け取る相手が男性か女性かもわからないので非常に的をしぼりづらい。

クオカードなんて実質的なものもいいのだけれど、ここは場を盛り上げるためにもウケを狙えるものでは!
いかにも「奥さん(や家族)に頼んで買ってきてもらった」ようなプレゼントはつまらない、センスを問われるのだから力もはいる。

以前「お笑い芸人のプロマイド」なんてのをもらったことがあり、あの時は正直「負けた」と思った。

そしてパーティもそのネタでかなり盛り上がった。

その後、ファンではないので処分しようかどうしようか悩んだけれど、ネタとして時々話題に出てくるので使うので捨てずにとってある。

以前はもう少し高い価格設定にしていたけれど、贈る側も受け取る側も負担が少なくてすむように「安くて楽しめるもの」と方向転換したのだ。

500円だと食べ物や消え物などになりやすいので、受け取った側が処遇に困ることも少ない。

イタズラ心をくすぐられるプレゼント探しはホントに楽しいので、クリスマス以外でもちょこちょこプレゼントしてみようと思う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ