温度差に注意


スポーツの後真夏の厳しい温度差の状態で、冷房の効いた涼しい屋内から、暑い屋外へ移動することがよくあります。
多汗症に悩んでいる人は、発汗を恐れる気持ちが逆に発汗を促していることがあり、精神状態を安定させれば発汗の抑制ができるでしょう。

また、多汗症のひとばかりでなく真夏には余分に汗をかいてしまいます。
下半身の発汗を抑制するのには、ベルトの位置を下げ気味に調整し、しっかりと締めるようにします。

発汗が多く見られる脇の下、頭皮、首周りを指先で軽くタッピングすると、精神状態をリラックスさせる効果と共に発汗の抑制効果が期待出来ます。
時間に余裕がない人にとって、このような2段階で身体を馴染ませるのは難しいかもしれませんが、5分程度このことが出きれば随分と効果が違います。

自分自身はエアコンに頼り過ぎない日常を心掛けていても、外出の際に、時には温度変化の厳しい状況になることがあります。
少しのあいだでも上半身の発汗を抑えたいという時には、左右の乳頭から5cmくらい上部を親指で押すと、発汗を抑制出来ます。

「質の良い汗」は徐々にかくものですから、「質の良い汗」のためには温度差をできる限りなくす必要があります。
このような激しい温度変化を受けてかく汗は、血漿成分を再吸収する暇もないので、「質の悪い汗」になります。

このような移動の時には、一気に涼しい屋内から、暑い屋外へ移動するのではなく、室温と外気温の中間温度の場所で体を馴染ませてから移動するようにしたいですね。
屋内と屋外の移動で温度差から生じる汗に対しての対策は、やはり急激な温度変化をなくすこが有効になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ