汗テクニック


血行促進効果が得られ、身体が芯から温まり、質の良い汗を発生させることに繋がるテクニックがあります。

半身浴は、胸より下の下半身だけお湯に浸かる入浴方法で、体温より若干高めとなる38度から40度ぐらいのぬるま湯に、20分から30分の間ゆっくりと浸かります。
塩を入れることによって、汗腺がふやけて汗が思うように出なくなる現象を防ぐ効果が得られます。

180リットルくらいの浴槽に対して、大さじ1~2杯の塩を入れます。
その結果、体温調節機能が活かされることになります。

半身浴が質の良い汗をかく汗対策として効果的な理由は、全身をお湯に浸からないという点で、湯に浸かってない肌で、汗を蒸発させることができます。
汗腺トレーニングは、43度くらいのお湯に肘から先の部分と膝から下の部分とを浸ける、手足高温浴から始めます。

手足高温浴から半身浴の流れで入浴すると、効果の高まりに期待が持てます。
昔から半身浴は身体の血行を良くするために発汗作用を促すことから、特に効果的な入浴方法だといわれてきました。

半身浴は発汗量の多い入浴方法のため、上手に水分を補給する必要があります。
また、半身浴も質の良い汗をかく汗対策として効果的な入浴方法です。

それには風呂上がりの水分補給よりも、半身浴をする少し前や入浴中に水分を補給するとより効果的です。
質の良い汗をかく汗対策として効果的な入浴方法は、汗腺トレーニングになります。

つまりは、半身浴も、手足高温浴についても汗腺機能を高めることです。
全身にある汗腺の中でも手足の汗腺が最も機能が低下しやすく、手足の汗腺を熱いお湯につけることで全身の汗腺が活性し、それまで活動していた汗腺の機能もより高まってきます。

汗をかくこともスポーツです!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ