汗に対する食事方法


イソフラボンは大豆や葛の根などに多く含まれる食材です。
ビタミンC、Eやイソフラボン、カロテン、セサミノール、カテキンなどのポリフェノール類は、抗酸化食品の代表です。

このため、腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を摂るように心がけると、汗から出る嫌な臭い対策になります。
汗の臭いが気になっている人は、食事方法を変えることにより、効果的な汗対策ができると言われています。

そして、この皮脂腺の働きは、基本的に男性ホルモンに起因するのだそうです。
体内からのニオイ防止のために、緑黄色野菜や海藻などの抗酸化物質といわれるアルカリ性食品を中心にした食事を心がけることが大事です。

嫌な臭いは皮脂腺から生じていますが、汗として汗腺からも出ています。
食材を選ぶ時のポイントは、腸内環境を整える食材を選ぶことです。

動物性の脂肪を含んだ食材を取り入れることは避け、なるべく野菜を中心としたメニューを取り入れることが有効とされています。
体内の嫌な臭いを取り除くためには、腸が活発に働くようにすることが大切です。

摂取した食材は、腸に達した時点で臭いを生じます。
これに対して、女性ホルモンの働きを取り込めるイソフラボンを摂ると、過度に皮脂腺が分泌されてしまうのを防ぐ上で役立ちます。

野菜や大豆を主にした献立にすると、必要な成分を満遍なく摂取できますので、効率良く嫌な汗臭い対策が講じられます。
抗酸化力のある食材は、特に加齢臭対策に適していると言われます。

年齢とともに皮脂腺のなかでノネナールという脂肪酸が作られるようになり、これが加齢臭の原因物質だとされています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ