毎週図書館通い


私の趣味は読書ですが、特に図書館に通うことが趣味だと言ってもいいです。
あの落ちついた空間が大好きなのです。

ショッピングなども好きですが、どこにいってもこうこくだらけ、お金お金でちょっと疲れてしまうことがあるのです。

なので元気があまりない時は図書館が一番。
図書館に向かうと私が一番最初にすることは、返却されたばかりの本の棚を見ること。
一度誰かに読まれた人気のある本は、おっ。
と思わせることが多く、かならず覗きます。
そして雑誌のコーナーへ。
雑誌は最新号は借りられません。
なので、古い雑誌の中に普遍的で興味深い記事を探して読みます。
雑誌は表紙に内容が書いてあるので選びやすいですね。
そして本の棚へ、私は青年向け子供向けの棚を覗く事もときどき行います。
子ども向けの料理の本などわかりやすく、料理が苦手な人なのにはぴったりだと思うのです。
料理の本は手元に置いておきたいことも多いので、良い本は後で調べて買おうとも思っています。
青年向けの本で注目しているのは日本の古典を訳したものです。
学校で勉強するのでわかりやすく面白い本が多いです。

本屋さんに行くのもいいですが、目的の本以外に目がいくのも図書館のいいところ、読書の幅も広がるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ