毎日の日課のヨガ


ヨガは身体と心のバランスを保つためのものを最近かなり実感しています。
パニック症候群や、鬱病、月経前症候群に悩まされているのですが、何かいい方法はないかと模索していたときに、従姉妹に勧められて始めました。
最初はポーズをするのに一生懸命で呼吸と一緒にと言われてもできないことが多かったです。
徐々にですが、呼吸に合わせて身体を動かすことが大事だということがわかってきました。
呼吸を止めたまま行うと、筋がつったり、痛めたりすることが多かったです。
呼吸をゆっくり行うことで気分が落ち着いたり、精神的に安定したりすることはわかってきました。
不調が続く季節の変わり目は、なるべく身体を動かすようにしていますが、一度病むと何をするにも億劫になってしまい、やる気すらなくなってしまうので、なるべく短い時間でも毎日するようにしています。
ヨガをした次の日の朝はかなり、快調で身体がすっきりして、不調なことを忘れてしまうほどにテンションが上がります。
また気分的にも落ち着いて情緒不安定になることも少なくなります。
どうしても毎日できないこともありますが、なるべく間を空けないようにしています。
ヨガで骨盤のバランスを整えて、太りにくい体質にしたり、便秘やむくみなどを改善したりして毎日穏やかに過ごすことが目標です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ