楽器は質より使いやすさ


音楽愛好家としていつも思うのは
楽器の選び方についてです。

どうしてもメーカーものや、品質を基準にして選び勝ちになるのですが
本当はそうじゃありません。

逆に高額なもの程扱いにくい仕様だったり、癖があったり、初心者には使いづらいものだと思います。

値段が高ければ性能が良い、使いやすいというイメージはほぼ間違っている可能性が高いと思われます。

オークションでもよく見かけるのですが
骨董品扱いのギターやその他の楽器でも年季ものや飾りとして等、弾けない楽器でさえ数十万する事もありますので
高ければ良いっていうわけじゃないんですよね
本当に大事なのは使いやすさ、実践に使えるもの、どんどん活用出来るものが好ましいと思います。

値段が安いからだめだというわけじゃないので
楽器選びで御悩みの方は値段に左右されない方が良いと思います。

自分がどんな目的でその楽器を必要としているか、求めているのか、明白にする事が楽器選びで迷わないコツとも言えます。

一万以下の安いギターでも数十万のギターより弾き心地が良かったり
高級なグランドピアノよりも、安価の家庭的な電子ピアノの方が練習に持続性が出るなど
自分がいかに日常から使えるものなのかが大事なのです。

目的や練習プランに合った楽器が一番
良い御買い物をしたという事になると思います。

安くても良いものは良いもの。

そう思えば
むしろ扱いやすくて練習も捗り
後悔もしないのではないでしょうか

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ