楽器って音がなるだけで嬉しいです


子供の頃は空き箱を叩いたり、空き缶を叩いたりして音が出てくると嬉しかったのを覚えています。

楽器と一言で言っても様々な物があります。

子供の頃からやっていたのはピアノでしたが、幼稚園の頃はパイプオルガンに憧れていました。

どうやって音が出ているのかも分からず、普段聞きなれない音に驚きがあり憧れが凄くありました。
パイプオルガンの形も気に入っていて、幼稚園の頃はパイプオルガンに似ているエレクトーンに憧れていました。
しかしエレクトーンは凄く高価なものだったらしく、親に相談しましたが、駄目で、似たようなピアノを習い始めたのを覚えています。

ピアノは鍵盤を叩けば音が出てきますが、ピアノ以外の楽器は簡単に音が出せるものばかりではないですよね。
それでも、音が出せるようになると楽しくなってくるし、徐々に音がメロディーになっていくともっと楽しくなってきます。

今ではテレビなのでオーケストラの映像を見たり、世界の様々な楽器を演奏している映像が見れたりします。
ヴァイオリンやフルート、トランペットなどは、音の出し方は分かりませんが、どんな音が出るのかなどは想像ができます。
でも、あまり有名ではない楽器では想像を超える音が出てきたりして楽しいです。

音が出てくる事だけでも楽しい楽器を自分の思い通りの演奏が出来たときは本当に嬉しくなるし、満足感も凄そうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ