楽しい記憶のあるスポーツ


自分でプレイするスポーツの中で、
好きなスポーツはなんだろうと考えると、
それはバスケットボールかもしれない。

今、この年齢でバスケをすると、
足がもつれて大けがをするような気もするが。

1分くらいなら、試合をしてももつかも(情けない)。

バスケットボールと、ゴールポストがあれば、
楽しく練習出来ると思う。

中学生の頃、ソフトボール部に入っていたが、
なぜかやたらとバスケ部に友達が多かった。

時々、バスケ部の友人達に混ざって、
バスケットボールで遊んでいた。

「バスケ部じゃない割には、うまいよね」と
言ってくれたお世辞を真に受け、
高校生になってからも、
なぜかバスケットボールで遊び続けた。

大学生になって、
体育の時間にバスケットボールのミニ試合をする時期があった。

私の学科には、
バスケ部出身者が、なぜか一人しかいなかった。

私と大親友になった人で、
彼女となんとか同じチームになるようにしくみ、
2人で本気になってプレーをした。

他の人の「バカじゃないの?」という冷たい視線を浴びながら、
嬉々としてゴールを狙う私たち。

当然、大差で勝利して、これまた大喜びする。

部活として取り組んでいない分、
楽しい面白い記憶しか残っていないバスケットボール。

私に取って、
見るより、自分でプレイする方が楽しいスポーツだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ