時間を見つけてはチクチク裁縫


就園前の小さな子供がいると、なかなか時間が取れなくなってきたけど、私の趣味は裁縫です。

洋服などの専門的なものはあまり得意でないけど、小物類やバッグ、リメイク物は好んで作ります。

最近は、4月から幼稚園に通う息子の入園グッズを作成したり、ふとキッチンに立って、キッチン小物作ったり。

ミシンを持ち出して、子どもたちが遊ぶ部屋の隅で、私の世界(生地やらボタンやら針山やら…)を広げたら、
子どもたちが興味津々でミシンを触りにやってきます。

ミシンって、小学生の頃始めて自分ひとりで使ったけど、ミシン針が怖くて、いつ指をさすやら…ヒヤヒヤしながら、まっすぐに縫えない雑巾にイライラしてた記憶があります。
慣れてきた頃にエプロンとか製作したっけかな?
初めてできたエプロンを使って調理実習したことも、今でもはっきり覚えてます!
私が裁縫に目覚めたのは、きっと母と祖母がきっかけだったんだと思います。

祖母はよく人形の服や私にセーターなどの編み物を作ってくれて、人形の服はお友達にすごくうらやましがられ、祖母が友達の分も作ってたっけ。

母は、今の私が息子にしてるように、園のバッグや小物類、スカートやワンピース、ヘアアクセサリーなどたくさん作ってくれて、
それを私は、ミシンの前に座る母の隣で興味津々に見てました。

出来上がった時は、すごく嬉しかった記憶があるし、スカートなんかだと学校で褒めてもらえた日にはルンルン♪で帰宅してたことも。

きっと、そういう嬉しい記憶と、私もやってみたい!という気持ちが今につながってるんだと思います。

今は自宅で子どもたちの面倒を見ながらも、自分がひらめいた時に裁縫道具と生地を引っ張り出し、チクチク針を動かしながら
色んな物を作り上げてます。

子どもたちも、最初はなんでも手に取って危険でしたが、危ない物、危険な物、触ってはダメなものをちゃんと教え、
何より、【これはママの仕事なんだ!】っということを教えてからは傍で見て、飽きたら自分たちのおもちゃのもとへ去るので、
少しづつですが、私の趣味に没頭できる時間を作れるようになりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ