明るいお家


昼間でも室内灯を点けないといけないくらい、日当たりの良くない家に住んでいたので、次は明るい家に住みたいと思いました。

念願叶って、ほぼ一日中日の当たる家に住むことが出来ました。

引越ししたのが冬だったので、ぽかぽかと暖かい家にとてもうれしく、日の光のありがたみを感じていました。

冬が終わり、春になり初夏を迎えた頃、あることに気が付きました。

「日差しは暑い」
ほぼ、一日中どこかしらの部屋に日が当たっているため、家が暑いのです。

日の出とともに東から日が入り、朝窓を開けようとするとサッシが熱く、西側にいたっては夜エアコンが効きにくくなるほど暑い。

明け方ちょっとましになったと思うと、日差しでまた暑くなる。

前の家では考え付きませんでした。

日差しを避けるため日よけをつけようにも、窓にひさしが無く、流行のグリーンカーテンも育つ前に暑さで根ぐされをおこして枯れる始末。

明り取りに南側の窓が大きのも仇になりました。

住む事を考えたとき、明るさや寒さのことだけではなく、暑さと暑気払いの事も考えなければならないことを痛感しました。

寒いのは厚着などでなんとかなりますが、暑さはある程度まできたら脱ぎようがないですもんね。

家を選んだり、建てるときは夏の暑さをいかにしのぐかも考える必要があると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ