日課のジョギング・ウォーキングについて


日常の生活の中で、意識して体を動かす機会は年齢とともに減ってきていると感じています。
私自身20代の頃はフットサルやテニス、スキー等様々な非常にアクティブなスポーツを好んで楽しんでいました。
社会人となってからは仕事も忙しく、また友達とともに行える機会が減ってくると、一人でも運動できるジョギングやウォーキングを行うことが多くなっていきました。
マラソンにも興味はあるのですが、中々時間が持てないこともあります。
現在は自身に無理のない範囲でジョギングを選択して取り組んでいます。
休みの日には近くの公園や湖まで約40分から1時間かけて往復しています。
また、仕事のある平日にはその日の体調に合わせて、通勤経路を自転車から徒歩にすることで運動不足を調整しています。
先週の出来事ですが、友達と東京築地で夕食会がありました。
終えた後に大手町まで40分ほどかけて一緒に歩いたのですが、日頃歩いていることで、疲れもなく楽しく会話しながら歩けました。
最近ではこの冬の時期に、短距離でも参加できるジョギングやウォーキングのイベントも増えてきていると思います。
タイムを競うわけではなく、楽しみを持って一度参加してみようかと検討しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ