捨てちゃう前に思いつき雑貨づくり


雑貨を作るのが好きです。

自分の部屋に飾ったり、友達や家族にあげたり。

イベントなどで自分の作成した雑貨をお披露目したりするのも好き。

綿棒の空き容器(透明の筒状のものなど)を今までは中が無くなれば捨ててたりしてましたが
ごみの分別に気を使うようになってからは、いかゴミの量を少なくするか?を考えながら、
「この容器、ちょっと細工すればつかえるんじゃない?」
って思ったのが始まり。

容器にかわいい包装紙や布をはりつけるだけでも、鉛筆立てや小物入れになるんだけど、
これに凹凸感をだして、異素材のものを合わせたら、お家みたいな小物つくれるんじゃないかな?っとリメイクしながらいろいろ試してみました。

出来上がったものを旦那に見せたら、
「どこで買ってきたの?え?作ったの?すごいなー!」
っとお世辞?でも嬉しい言葉が返ってきたので、ますます調子にのり、自分なりに何度も試行錯誤したのち、綿棒の空容器をリメイクして
義母にプレゼント。
(捨ててしまうようなものをプレゼントって聞こえは悪いですよね(汗))
でも、雑貨好きな義母は、すごく喜んでくれて実家の良く見えるところに飾ってくれてました。

そんな感じで、綿棒などの容器はすぐには捨てず雑貨に生まれ変われるよう残してます。

他にも、瓶ドリンクやジャムの空き瓶などは、植物などを入れる一輪挿しなどのベースに、
テッシュの箱は、子どもたちのお道具箱に、
卵の空きパックは、多肉植物をいれる鉢替わりやキャンドル作成の型など…
捨てる前にかわいらしい雑貨やそのための道具に生まれ変われないか、考えるのが趣味になってます♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ