手作りのプレゼント


毎年冬になると親戚の叔母から「手作り」のプレゼントをもらいます。
その手作りとは「毛糸の帽子」です。
手先が器用な叔母は、編み物、料理、家庭科全般なんでも来いの人なので冬になると何十枚ものニット帽が送られてきます。
毎年東北の震災ボランティアで手作りの帽子を編むため、毎日毎日せっせと編み続け一緒に私たちの分まで作ってくれます。
形も、色もいろんなものを作ってくれるので、祖母、父、母、私とそれぞれで好きな帽子を分けてありがたく使っています。
去年は水色とピンクのニット帽を作ってくれました。
お返しは田舎特製の漬物だったり、叔父の好きなお酒を送ったりしています。
今年はなんと帽子以外のものがありました。
それは水色のニットのベストでした。
私が水色を好きなのを知って作ってくれました。
なぜかサイズもぴったりで今年は重宝しました。
友達からは「作ったの?」とびっくりされましたが、とても好評でお金を出すから作ってほしいというほど。
何も見ずにパパッと作る編み物の先生、叔母は何をやっても上手なのでもう来年の帽子も色と形をリクエストしています。
父もウォーキング用にと頼んでいましたので家族で毎年冬のプレゼントとして楽しみです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ