我流で学んだピアノ


子供の頃、ピアノを習いたくて仕方がありませんでした。

友達が大勢なにかしらの楽器を習っていたのと、やっぱり演奏する姿が格好良く見えたんですよね…。

でも、我が家にピアノどころかおもちゃのキーボードすらなく、何度両親に懇願しても首を縦に振ることはありませんでした。

あまりにも悔しかったので、小学校高学年くらいのときに、親に頼み込んでクリスマスプレゼントに鍵盤数の多い電子ピアノを買ってもらい、そこから自己流でピアノの練習を始めました。

誰かに習うわけではないので、音楽の教科書や弾きたい曲の楽譜を自分で購入して練習する日々。

誰かに強制されて習うのとは違い、自分の趣味で弾いていたのでとても楽しかったです。

弾きたい曲のCDを何度も聞き、頭の中でイメージしたり実際に弾いてみたりしてコツをつかんでいくことの繰り返しで、1日何時間も練習していました。

指の使い方などは本当にめちゃくちゃなのでしょうが、好きな曲が弾けるようになった時は嬉しくて、家族に叱られるほど繰り返し弾いていました。

そんな我流の練習が功を成したのか、中学の時の合唱コンクールではピアノ奏者に抜擢されました。

最初は恐れ多くて「わたしピアノ習ったことないし…わたし以外にもちゃんとピアノを習って弾ける人も居るんだし…」と断ったのですが、ぜひ!と音楽の先生が言ってくれたので、思い切って引き受けました。

地域のホールを貸しきっての合唱コンクール。
舞台の上で弾くピアノは本当に緊張しましたが、間違えることもなく弾ききりました。

今となってはとてもいい思い出です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ