愛してshu! shu! shu! shushu! ってソングを聞いた


 アダルトグッズといえばバイブとかオナホーとか、俺のようなピュアなやつとは無縁なものだと思っていたのだが(嘘じゃない、ツッコむなよ)、とあるイラストコミュニケーションサービスサイトではよく目に入る純真そうな女の子が表紙に写っていたからクリックしてみたらオナホーだった。

 何が安心して使えるアダルトグッズだよと突っ込みたくなるこのアダルトグッズ専門ブランドは確かに俺のようなピュア成人も魅了させたのは間違いなかった。
とりあえずその点は認めるしかない。
愛してshu! shu! shu! shushu!って歌詞のテーマソングまで依頼したこのブランドはどうやら本気を超えて狂気でアダルトグッズ会社のトップを目指しているらしい。

 とりあえずオナホー一つぐらいは買っておこうかと流行に乗ろうとは思ったがやはりいざとなると恥ずかしくて買うことをやめたが、この会社からアダルトグッズのイメージを挽回できるのならその手のマニアとしては嬉しい限りかもしれねえ。
まー、俺のような潔癖症のあるオタクはむしろ少数派ということは知っているのでこの件についてはムリだと思うが、高苗先生が描いた表紙のぷにばーじんという製品を見ればやはり謎の感動を覚えてしまいますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ