念願のピアノ


「趣味はピアノを弾くことです。

と、去年からやっと言えるようになりました。

今までは言いたくてもどこか嘘があるように思えて言えませんでした。

何十年かかっての念願のピアノなのです。

ピアノが好きで、子どもの頃に母親に頼んで習わせてもらったのが小学生の低学年の頃でした。

父親は反対でしたので、母親の強引さがなかったら習わせてもらえなかったと思います。

ですから嬉しさでいっぱいで、練習も頑張っていたと思います。

ところが赤いバイエルの終わりかけから教室に行かなくなりました。

当時は父親が辞めさせたと母親から聞いていたので、それなら諦めるしかないと思っていました。

初歩の基礎しか習わず終了してしまったので、その後は自分で練習していました。

と言っても、我が家にはピアノがありませんでしたので、小さいキーボードで楽しむくらいです。

そして未練を残したまま大人になり、娘がピアノをやりたいと言い出したのを母親に話したところ衝撃な事実が発覚したのです。

当時のピアノの先生がご主人の転勤で引っ越すことになり、教室は辞めるがピアノのある家には先生が来て習えるということだったと。

そして私のキーボードでは鍵盤も足りなくなってきているため、ピアノの購入を促されたということ。

父親に反対されていながらも通わせてくれていた母親は、さすがに諦めることしかできなかったと。

その話を聞き正直複雑でしたが、過ぎてしまった過去です。

娘には環境を整えてあげたいと思い、ピアノ購入を決めました。

そして長年の夢が叶って、毎日ピアノに触れ娘と練習に励んでいるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ