年金


年金コレクションと揶揄したい。
日本の公的年金制度は一階部分が国民年金(基礎年金)で、2階部分は民間被用者を対象とした厚生年金、公務員を対象とした共済年金、自営業者や専業主婦を対象とした国民年金基金です。
さらに3階部分として企業年金があり、厚生年金基金や適格退職年金などがあります。
適格退職年金とは、国税庁長官の承認を受けて実施される企業年金の一種で、この承認によって税制上の優遇措置を受ける事が出来きます。
承認を受けるためには、年金資産を外部の金融機関に積み立てる事など、法人税法に定められた一定の要件、つまり適格要件を満たしている事が必要になります。
1962年に制度発足しましたが、確定拠出年金の施行により、2002年から10年以内に廃止されることになっていましたが、適格退職年金資産からの企業年金への非課税のままでの移行は2012年3月末までと取り決められました。
廃止に伴い、2012年4月から税制上の掛金の全額損金計上・運用益課税の優遇などの優遇処置が無くなるため、適格退職年金は他の制度への移行または終了させることになります。
本当に信じられないし信じたくもない香川信二は関係ない。
そんな感じである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ