家族


私には昔飼っていた猫との思い出がたくさんあります。
雑種でしたが、とても綺麗なでよく自慢したものです。

ずっと一緒に住んでいると、動物といえどもなんとなくお互い感じるものがあるものだと思います。

私が泣いているときは、近寄ってきて涙をなめてきたり(単に塩分の入った水分が美味しかったんではないかともとれるのですが。

私が怒るとしばらく家に帰ってこなかったりということもありました。

だからたまに猫相手に腹立たしく思ってしまうときもありましたが、それはとても凄いことなのではないかと今は思います。

言葉でやりとりなんてできるわけもないけれど、私とその猫は確かに、絆があったと思います。

私は家族だと思っていますし、だからこそ大事にしていました。
なので、極端な動物愛護ではありませんが、動物を虐めたり無意味に捨てたりといった行動は理解できません。

名前を呼ぶと面倒くさそうにでてくるそういうところも可愛いと思っていました。

病気で長いこと同年代の子供たちと関われなかった私は、本当に家族であり友達だと思っていました。

そんな子が亡くなってしまったときは、本当につらかったです。
でも私は今でも感謝していますし、忘れていません。

なので私はペットではなく家族として今も思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ