定期的な幸運


私は昔から定期的に幸運になり、懸賞などで高額な商品があたります。

初めて高額商品を当てたのは保育園の年長さんの時、年末に行われた地元のスーパーのガラガラくじ引きでした。
毎年私がくじを引いていたのですが、いつも5等6等、良くて4等がほとんどでした。
なので子供ながら親の欲しいものが当たればいいな、と思いくじを引きました。

いつも通りくじを引いてた時、見たことない色の玉が出てきました。
そしてお店の人に「おめでとうございます!2等が出ました!2等は当店の商品券5千円分です!」と言われ、自分は何が起きたか分からず、でも親はすごい喜んでいたのを覚えています。

次に当てたのは小学生の時、親に貰った1束10枚入りの宝くじでした。
親に20束のうち1束あげると言われ貰ったものでした。
きっと親は3百円しか当たらないからと思って私にくれたんだと思います。

そして当選番号を調べていた親の後に自分で調べました。
親の当選金額は5千7百円、全て3百円に対し、自分が当てた金額は3万3百円、3万円のくじを当てました。

もちろん親はびっくりしてましたが、もともと親のお金で買ったくじなので、5千7百円と交換ました。

他にも定期的な幸運が発揮して5千円以上のものが当たります。
今後はどうなるかわかりませんが、まだまだ幸運は続いてほしいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ