好きこそものの上手なれ


今となっては懐かしい話ですが、私は昔プロのクラリネット奏者を目指していました。

あの頃はがむしゃにクラリネットと向き合い、クラリネットと共に私の青春は過ぎていったのです。

いろいろあって、プロになることはなかったのですが今でもクラリネットの演奏は趣味で続けています。

クラリネットとの出会いは小学生のころ、私の小学校に後に私が進学することとなる中学の吹奏楽部が、演奏しに来てくれた時のことでした。

私はその時小学4年生。
初めて触れる吹奏楽に感動しました。

それと同時に、ある楽器に強く心が惹かれたのです。

それがクラリネットでした。

最初から部活は吹奏楽部に入ると決めて、その3年後私は中学に入学しました。

担当も希望が通りクラリネットになったときは、とても嬉しかったのを昨日のことのように覚えています。

しかし、私は1年生のコンクールにパーカッション担当として出演することになり、クラリネットの練習をすることを顧問から禁止されてしまいました。

同じ1年生のクラリネット担当の子がクラリネットの練習をしている間、私はパーカッションの練習をしなければならず、クラリネットの技術はどんどん周りから遅れていくばかり。

コンクール後、クラリネット担当として戻った私は焦っていました。

同じ学年の子が合奏に入っている中、私は合奏から外され一人で基礎練習をする日々。

悔しくて悔しくて、そのころはよく泣いていました。
でもやりたくて仕方がなかったことです。

必死で練習しました。
誰よりも早く来て、誰よりも長くクラリネットに触っていました。

その成果が少しずつ実を結んだのか、一番遅れていた私は、気づけば同学年のクラリネット担当の子より演奏できるようになりました。

3年生になったころには、私はクラリネットパートのパートリーダーとしてパートをまとめる立場になり、他の部員をサポートする立場になっていました。

仕切ったり、まとめたりするのは決して得意な方ではなかったのですが、クラリネットがそばにある時はそれも平気でした。

好きなものがそばにあったからこそ出来たことだと思います。

部活も楽しいことばかりではなく、寧ろ辛かったり苦しかったり、泣いていたことの方が多かった気もしますが、続けていけたのはクラリネットが好きだったからだと思います。

好きなものだからこそ頑張れたのです。
好きこそものの上手なれというのは、好きなものなら自然に努力するようになり、努力をするようになれば、必然的に上手になっていくということなのだと、中学の頃から思っています。

といっても、下手の横好きという言葉もあるのですが。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ