女性へのプレゼント


好意を抱いている女性にどんなプレゼントを贈ればいいのかは、男にとって重大な問題だということには異論はないと思う。

以下は、私の失敗談である。
(単に私が彼女らにとって恋愛対象外だったのかもしれないんですけど、そういう突っ込みはなしで)
数年前のこと、あまり親しくない段階で高価なプレゼンを送ってしまって、ドン引きされた経験がある。
高価といっても、そんなに大した額ではなかったのだが、そのときの二人の関係ではふさわしくないものだったらしい。
「どうせなら少しでも高いものの方が気持ちが伝わるはず」という思い込みによる失敗を経験した男は結構いるのではないかと思うが、どうだろうか。
この「二人の距離感を微妙に計っている感じ」は、男にはなかなか分からないものだ。

さて、この経験から、「プレゼントは高価ではない方がいいこともある」という教訓を得たのだが、今度は逆の失敗をした。
同じ失敗をしないように、今度は、お菓子とか小物とか、金額的には安いものを、小まめにあげるようにした。
これは当初は効果的だったらしく、その女性とは段々と親しくなっていっていることが実感できた。
そんな関係が長すぎたのか、今度は親しい友人のポジションにすっかりはまってしまい。
特別な関係にはなれないまま、二人の関係は終わってしまった。

このブログをお読みの女性の方、どんなプレゼントをどんな風にもらったらうれしいか、教えてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ