大人の趣味 体が楽器に?!


子供の頃にピアノを習っていて、楽器が身近にあり、楽器が家に有ることじたい何とも感じていなかったのですが、大人になって何か趣味をやりたいなと思い、いきなり未経験よりも、小さい頃にやっていた音楽関係にした方がとっかかりやすいかなと思い、楽器の購入を考えました。
なんの楽器をするかにもよるかと思いますが、楽器は値段や家スペースがないといけないし、賃貸だと楽器が禁止だったりして、結構色々意味でハードルが高い買い物なんだということを思い知らされました。

楽器も様々なので、今はコンパクトのものや消音にして弾けたりもしますが、深夜とかに独りで練習している姿を想像できて空しいなと思ったのと、昔、若い頃?ギターを弾きたくて買ったのはいいけど、その後埃をかぶってしまって、どこにいったかわからなくなったのを思い出し、また飽きてしまったら嫌だなと思い、結局考えた末、音楽の先生が、人間は究極の楽器だと言っていたことを思い出し、歌にしました。

昔はあまり声がでず、音楽の先生が身体が楽器っていった意味があまりよく感じられなかったのですが、大人になってならう歌は、習わされているというより、自分から自発的に行うので楽しいです。

また、普段出さない大きな声と呼吸を整える事で、ストレス発散とダイエットにもよいみたいです。

人間の身体って素晴らしいなと感じる趣味です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ