大きな花束


私は花は好きなので、花束をプレゼントされるのは、基本的にはうれしいことです。
とくに、好きな男性から花束をプレゼントされるというのは、私のあこがれでもありました。
ところが、初めて付き合った彼は、あまり女心に理解ある人ではなく、贈ってくれたプレゼントも、心から嬉しいと思えるようなものはあまりありませんでした。
そんな彼から、花束のプレゼントをもらったことがあります。
その時は、理由は忘れてしまいましたが、直前にけんかをして、きちんと解決しないまま、気まずい状態で次のデートにのぞんだ時のことでした。
突然、花束を抱えて待ち合わせ場所に現れたのです。
それが、本当に大きな花束だったので、びっくりしました。
花をプレゼントしてくれるという行為はうれしく思いましたが、何しろ大きくて唖然としました。
発表会や卒業式などで、みんなで先生に送るような大きな派手な花束だったのです。
その日のデートは何して過ごしたのか忘れてしまいましたが、そんな大きな花束をずっと抱えて歩くのが恥ずかしいし大変だし、ずっと嫌だったことははっきり覚えています。
そのころ実家に住んでいたので、家に持ち帰ってあれこれ聞かれたのも、恥ずかしい思い出です。
やっぱり花を贈るなら、かわいい小さいブーケのほうが、私は好きです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ