夏の汗対策


スポーツで大量に汗をかき、時間がたつにつれ体が冷えてきて、風邪をひいたり夏バテの原因になってしまいます。
熱帯夜で寝つきが悪いからとって冷房をがんがんにかけることはダメなのですが、とはいっても、汗腺の働きが低くなっている人がクーラーを使わないと、昼間ではなくても熱中症になってしまう危険性があります。

夏の汗対策には、入浴のときにも心掛けておかなけばならないことがあります。
冷房の使い過ぎには注意を払わないといけませんが、全然使用しないというのも寝つきが悪くなって、睡眠不足も問題です。

その結果、睡眠に入った後に大量に汗をかいてしまうことになりかねません。
普通は真夏の外出時には汗対策をしっかりしなければと考えるものですが、それはそれで、家で過ごす際も汗対策は大事です。

冷気に当ると涼しくて爽快な心地良い気分ですが、これでは、脳が切り替わることがない状態で汗をかかなくなってしまいます。
入浴の後は裸で汗をかくようにすると良く、汗をかくことによって体温を無理なく下げてくれます。

風呂から上がったときに、温もった身体に直に冷気を当てるとことはいけません。
この時にクーラーの冷気を直に体に当てるのではなく、うちわや扇子を活用して、暑さを凌ぐのが良く、省エネにピッタリでもあります。

睡眠の妨げになるといけないので、冷房は切時間を設定し、睡眠に入ってから数時間後に自動でOFFになるようにするとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ