夏にゴーヤーを育てました。


何年か前から庭でゴーヤーを育てています。
テレビで見て、涼しげで実も食べられるので一石二鳥です。
でも難しくないかな、枯れないかなと最初は心配でした。
ご近所で上手な方がいて手取り足取り教えていただきました。
あそこの量販店の苗はいい、いつごろまでに植えたらいいとかいうことです。
その家のゴーヤーはよく茂っていて見るからに涼しそうで緑も鮮やかでみるとほっとします。
家の塀に沿って、竹枠を組んでゴーヤーのつるが竹枠に沿ってのびるようにしました。
2つの、土を入れたプランターを、竹枠の根元に置きました。
そして苗を植えました。
毎日水をやっていると、みるみるうちにつるがのびてきました。
家の塀が緑で覆われてとっても涼しげになりました。
そのうちに実がどんどん成ってきて一日何本もとれました。
でも実は苦いのでどう調理しようと思っていたら、友人がゴーヤーの佃煮のレシピを教えてくれました。
実を2,3キロ準備してキッチンで細切りにし、ことこと煮て佃煮をたくさん作りました。
苦味もなくすごくおいしかったです。
朝、水をやっていると、家の前を毎日通る奥さんがだいぶつるが伸びたね、実が大きくなったねと声をかけてくれます。
通る度に大きくなるのを楽しみにしているのと言われ、ゴーヤーはおいしいだけでなく人の心も和ませるんだなあと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ