変わったもらいもの


自分は何故かものをもらう機会が多い人である。
渡す側からするともちろんお返しを目的にはしてない、みたいだ(と思っている、そうしないと返しきれないぐらいもらいものが多い、渡す側もお返しはいらんしと言ってくれるし)。

そんなもらいものだからこそ、結構変わったものをよくもらう。
渡す側云く「私、これは食べられへん!」というもの、とか。

一番、もらって、困ってしまったのが、「私、こんなんよう着こなせへん!」とプレゼントされた、Tシャツ

そのTシャツは色は蛍光ピンクでケバケバしいシャツ、確かに着こなせへん!というか誰も着こなせへんやろう・・。
と頭を悩ませる。

これは次に会う時に着た方がいいのか?着ない方がいいのか?渡す方云く私はよう着こなせへんから・・。
でこっちに来た、という事は自分に似合うと思ったかもしれないし、でもどう考えてもこのシャツを着るのはかなりリスクがあり過ぎる。
それぐらい、ケバケバしいシャツである。

一週間後に再び会うので、それまでに着るか着ないか考えてみた。

一週間後、勇気を出して着てみた、反応は「眩しい」「目が疲れる」と酷い反応と、「何故か似合うな」「ピッタリやな」という褒め言葉の両極端な意見。

自分としては、「両極端な意見でこのシャツなら着てもアリやな」と結構な頻度で着ている。
シャツをくれた友達に感謝である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ