勢いがつくと止まらない趣味、フィギュア集め


わたしのかつてのコレクションのひとつにフィギュア集めがありました。
現在はすでに買っていませんが、購入したフィギュアはいまだにきちんと飾っています。

さて、フィギュアを集め出すと怖いのは購入ペースがどんどん早くなっていって止まらなくなることです。
これをとあるゲームのモンスターの行動にたとえて、「フィギュアを買い始めるとやつらは”なかまをよぶ”から気を付けた方がいい」なんて笑い話にもなっています。

ちなみにわたしは基本的にアクションフィギュアと呼ばれる、動かせるフィギュアが好きでした。
自分の好みのポーズで格好良く飾ることができるからです。
これはわたしが女性ということもあり、少々人形遊びの延長のようなところがあるのでしょう。
ですが調子に乗りすぎて部品を壊してしまったフィギュアもいくつかあります。

これらのアクションフィギュアで怖いのは、普通のフィギュアに比べて価格が安いということです。
なのでついつい次から次へと揃え始めてしまうのです。
わたしの場合は結局20体ぐらい揃えました。
かけた金額などを今冷静になって考えると恐ろしいです。

とはいえ、フィギュアの収集癖がおちついた現在はフィギュアひとつひとつとおちついて向き合うことができ、のんびり眺めています。
さすがに毎日ではありませんが、一ヶ月に一回ほどはほこりを払ったりもしています。
フィギュアもそこそこ居心地がいいのではと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ