劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPER SPACE -亜空の深淵-


さすがにTVシリーズのデザインのまま劇場作品にすれば画面密度がスカスカになってしまうというのはわかるのですが、それにしてもいささか硬すぎる印象を受けました。
弁天丸クルーのウィットに富んだやりとり、そしてヨット部とセレニティ姉妹のワイワイガヤガヤとしたティーンエイジャーらしい楽しさもそのままで、特定の贔屓もなく、それぞれのキャラに見せ場があるよう作られていたのも好印象。

今回は亜空間ダイバーという題材をメインに、新キャラ・無限彼方(注:人名ですよ!)と彼の父との物語を、弁天丸のメンバーも通して描かれていました。
評価は『とても良い』で。

演出面に関しても、他の劇場アニメに比べると物足りなさを感じるものになっています。
まさにTVシリーズからの集大成・正統進化といった感じの作品になっていました。

「スペオペとしてある程度の骨太さを残しつつも、青春ドラマとして消化できるほどのライトさも持った作品」という魅力はそのままに、亜空間ダイバーである彼方の父に関する新規ストーリーを、90分という尺の中でしっかり描ききっていました。
元々そういった部分は弱い作品でしたが……ビジュアル面の変更に関してなど、細かい部分で気になるところはありましたが、概ねTVシリーズの印象そのままに、新たなストーリーをしっかり展開してきた作品でした。

TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』の劇場版。
TVシリーズを楽しめたなら、この劇場版も難なく楽しむことができるでしょう。

欠点としては、キャラクターデザインが変更されたために、表情の幅や絵のマイルドさが失われてしまった点。
美術設定変更の方向性も、今作の魅力とは違った方向に傾いてしまった感が強いです。

この評価板に投稿するこの作品はまさにTVシリーズの延長らしい作品になっていたと思います。

これほどの作品なのでコレクションします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ