別れられない楽器


家にある者で一番重いものといえば、120キロのエレクトーンEL900。
引っ越しのたびにこの楽器だけ別に見積もりをして大事に運送してもらっています。

この楽器とも付き合いは10年。

購入時は最新最上位モデルだったのですが、今や型落ちのところどころ傷があるエレクトーンになってしまいました。

中古で売却しようかと何度か考えたのですが、二束三文な価格でしか買い取りしてもらえない上に、この楽器と別れると思うとたまらなくさみしくなるので、
ずっとこのままです。

練習するといっても過去に弾いていた曲を弾くか、1年に1曲新しい曲に取り組んでみるくらいしか弾いていないのですが、
完全にやめてしまうことはできない私です。

レッスンを再開しようかとも考えたのですが、もうこの歳でコンクールを目指すわけでもなく、発表会に出てもトウがたつし・・・。

とにかく目標もなく、ひたすら自己満足で引き続けている状態です。

このエレクトーンはリアルに自分で買った楽器で、思い出深く、
このエレクトーンのせいで貧乏になり、楽しい思いもできました。

思い出だけでは家の中が狭くなるばかり。

2か月前に娘に電子ピアノを買ってしまったのです。

娘のピアノの練習をエレクトーンでしていたのですが、レッスン始めてから2年目でいい加減限界になってきました。

(鍵盤が軽いとか、鍵盤のポジションが違うとか、ペダルを使う曲を弾き始めてきたなどの理由で)。

いよいよ存在理由がなくなったエレクトーン。

次の引っ越しでいよいよ考えなくてはいけないのですが、
娘をピアノからエレクトーンに転向させて、その名目で最新のエレクトーンに買い替え・・・なんてまだあきらめていない自分もいます。

youtubeで自分が弾ける曲を弾いてる方を眺めては、
「ここの弾き方はあたしのほうがきれいにひける!」
など思っちゃったりして(笑)
まだ現役と思ってるから、腹がくくれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ