初めての懸賞当選


私が初めて懸賞に当選したのは中学生の時でした。
中学生に入ってからコーヒーをよく飲むようになったのですが、ある時にいつも買う自販機の前にプレゼント応募用紙がぶら下がっていました。
抽選一等は携帯電話でした。
当時の携帯電話は今のものと比べると断然劣りますが、一番欲しいものでした。

それからというもの、毎日のように学校帰りにコーヒーを飲み、友達の応募シールをもらったりしました。
しかし、応募シールが期限までにたまらないペースでした。
どうしてもプレゼントに応募できるまでシールを集めたかったので、自販機の横にある缶のゴミ箱の中からシールを発掘していました。
今思うとをやりすぎですね。

そんな苦労を経て、なんとか応募シールでハガキがいっぱいになりました。
ものすごい達成感でした。
結局期限ギリギリにハガキを投函することができ、プレゼントを楽しみに待っていました。

抽選で10名程度の低確率だったので、当たらないだろうなという気持ちの方が強かったことを覚えています。

ある日、学校から帰ると私宛に荷物が届いていました。
結構期間が開いていたのでプレゼントに応募したことを忘れていました。

中を開けるとトレーナーが入っていました。
ダブルチャンスのものでした。

残念ながら携帯電話は当選しなかったのですが、今まで懸賞に当たったことがなかったのですごく嬉しかったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ