分割されたベビーベッド


妊娠が分かってから少しずつ買い揃え、そして使ってきたベビー用品。

それも、子どもの成長とともに少しずつお別れしていきます。

哺乳瓶やその消毒用洗剤、離乳食の調理器具、保存容器……
そんな細々としたものもありますし、
ベビーカーのような逆に大きな物もあります。

そんな中、子どもが三歳を過ぎた今でも使っている物があります。

それはベビーベッド。

と言っても、ずっと子どもの寝床として使っている訳ではありません。

組み立て方によって他の使い方も出来るものを買っていたのです。

ベッドの次にはサークルとしても使えたのですが、
それはプレゼントとして貰ったので、変身することはなし。

直ぐに次の段階(?)たる状態に姿を変えました。

今、置かれているのは子ども用の机と、収納ラック。

つまりベッドは縦に半分に別れてしまったのです。

ラックは夫婦のベッドの隣に置かれ、
天板の上には目覚まし時計や、充電器。

そして、デスクは息子がお絵描きやパズルをする場所になりました。

かろうじて今は無事ですが、
近頃の我が子の趣味から考えて、その内にシールだらけになりそうです。

「赤ちゃんの時は、ここに寝ていたんだよ?」
そう話しかけても、息子はきょとんとしています。

そう言えば、寝ている姿の写真や動画は山ほど撮影したけれど、
ベッド全体を写(映)したものはなかったかも知れません。

……まぁ、主役はどう考えても赤ちゃんですものね。

今にして思えば、何かにその姿を留めておけば良かったです。

いつか、このデスクも更に細かく部品に分けられる日が来るはず。

その日の前に、感謝の意も込めつつ確りその姿を撮影しておきたいです。

(……まぁ、結局は子どもとセットの姿になるのですけど、ね)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ