凝り性


凝り性である。

好きなものはとことん極めたい。
なんなら、そのものと一体化したい。
とにかく好き。

好きで好きでたまらん!!!!
そんな状態に一年に一度はなる。

ある作家の推理小説だったり、歌手だったり、お酒だったり、時計だったり。

ジャンルはいろいろだけど、なんとかその存在に近づきたくて、
持てる手段を駆使して、その存在のかけらを必死に集めてまわる。

身の回りのもをのその関連で埋め尽くしたい。

それはもう恋なのです。

ずっと包まれていたいのです。
・・・と、乙女チックに考えても、
集めてまわる際には必死の形相ですが。

おまけに、一度集めだすと止まらない。

多分、こんな人は多いと思うけど好きなアーティストのDVDやグッズや公式本って
出ないと寂しい、すごくすごく寂しい。
けど、
たくさん出たら出たで死にそうになる。

あれとこれとそれを買ったらいくら・・・!?くっ・・・、そんなにする!?
そ、そう・・・。
じゃあ、あきらめ・・・るわけないじゃん。

買えるように他を削るわ!!!!
ってなって、ドーパミンが出て、ついでに男気みたいなのも出て、
どーんとやってしまう。

で、ゲットして飾って楽しんで、ご満悦になる。

好きなものに囲まれてると元気が出るしね。

それに、コレクション用に何パターンも出されているものって
並べるととても綺麗だ。
本は背表紙を並べると絵になるものもあるし。

集めないと分からない境地もある。
(このシリーズとこのシリーズ、よくみたら細部が違う・・・とか。
)
集められたものは自分の一部になっていく気がする。

好きな物たちがなければ自分じゃない、もぬけの殻だ。

これだけ、収集に情熱をかけているんだから
もともと情が深いんじゃないだろうか。
愛情たっぷりの人間なのでは?
と誰に対してでもなくアピールして終わる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ