入院中の決まりきった趣味


私は困ったことにここ数年、病気、と言うか障害が悪化し精神課に入院退院を繰り返している。

精神課というところは基本的に閉鎖病棟で、入院の理由は基本は金が無い人(金に対するトラブル)が多い・・。
他の人も金に対するトラブルが多くなる。
仕事が病気により続かなくなる、収入源が無くなる、入院費はかさむ、と言う悪循環に陥ってしまう。

そうなると簡単に趣味は見つからない。
たいていの人は朝からタバコを吸い、ぼーっとして、身体を休めるだけ、身体を休めることが趣味になる。

それだと退院後の生活に支障をきたす・・と思い入院したら。
必ず何かの趣味を持つようにしている。

4年前にかなり長い期間入院した時は体力作りに励んでいた。
外出の許可をもらい。
ジョギングする。
夕方は一目を気にせず腕立て、腹筋、背筋・・。
とにかく体力作りを趣味にしていた。
退院したら体力が大事!と思い込んでいたからである。
体力は全てを凌駕する、という固定観念が体力作りという趣味になってる。
まぁ病院でするものではないのだが、精神病院だと許される趣味といえる。

最近の入院中は体力作りはしていない。
何故なら疲れきって入院していてフラフラなのだ。
ハードな仕事をしたツケで入院している。
のだから体力作りする気力がない。
とはいえ時間だ経って気分が上がれば体力作りはする予定だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ