入れ物もプレミアムになる 歴史はそう証明している


トレーディングカードゲームをしている人にとって必需品といえるカードスリーブ。
分からない人に一言で説明するなら保護シールと言えばいいのだろうか
ともかく、カードゲームをしている者はスリーブを付けてゲームするのは常識となっている。
むき出しのままやっている人はまずいない。
(噂によるとアメリカでは剥き出しのままやっている光景がよく見られるそうだが……)
カードを保護するためだけに作られたので透明なものや単色といったものが主流であるが、ここ最近はアニメや漫画のキャラクターがプリントされたスリーブも売られている。
キャラクタースリーブは今では珍しいものではない。
ゲームショップの対戦スペースに行けばそのスリーブを使って遊んでいる風景を見ることができるだろう。

その入れ物を集める人は少なくない。
他の分野でも本体じゃなく入れ物を集める好事家もいるのだから、カードコレクターではなくカードスリーブコレクターが生まれるのもおかしくはないはずだ。
まだ歴史は浅いので発売価格の何百倍~何千倍というプレミア値は付けられていないが、あと2~30年経てば100万単位の激レアカードスリーブが生まれるだろう。

そうなる未来を願いつつ、今日も収集に積極的に動くのであった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ