ミニカーから学ぶこと


我が家には2人子供がいます。

2人とも男の子。

子供が成長していくと、増えるのはおもちゃ。

特に容易く購入しやすいミニカーなどの車が増える。
増えるっ!!
子供の手のひらにもすっぽり収まり、遊びやすいし、種類も豊富。

ミニカーで遊ぶ子供たちは自然と車の名前やメーカーを覚えていく。

そうなれば、外出先での車の種類をあーでもない、こーでもない。
っとマシンガントークが繰り返され、
車に詳しくなかった私は、今では結構な台数の車種を言えるようになりました。

ミニカーのフォルムだけで、ここまで本当に道路を走ってる車の種類、メーカーをを言い当てられるのか!?っと感心するばかり。

子供の観察力視野はすごい!さすがはスポンジのような脳、何でも吸収していくんだぁぁ(嬉)!
ミニカーのメーカーを覚えるときは、ロゴマークで覚えることもでき、子供たちは自然とアルファベットも覚える。

そうすると、英語の勉強にもつながり、アルファベット表などを見せると、すぐ覚えて、将来の英語授業でいきなり躓くこともなくなるかな?っと期待。

ただ、このミニカー、お手頃価格で購入できることもあり、
気づけば結構な台数が我が家にも溢れてます。

保管の仕方も、
当初は棚1段で収まってた台数も、今では収納する別売りボックスなど収納できる物を3つも置いて、ちゃんと並べて収納してます。

大きなボックスにむやみに投げ入れてたりすると、ミニカー同士の擦れあいだけでも塗装が剥げるし、錆びやすくなる。

何より、しっかりと片付けることを教えることが大事だし、並べて片付ければ、自分の探してる車種がすぐに見つかるしね。

増えるだけのミニカーも、ここ半年以上は購入を控えました。
今後も購入する予定はない。

子供が気に入ってるミニカーは特に痛みが目立つしパーツも外れやすくなり、その都度修理してます。

それだけ大事に遊んでるので、良いことなのですが、
子供が何かで一生懸命頑張ったご褒美を提案すると、必ずミニカーが欲しいとせがまれます。

今持ってる数だけでも、十分遊び足りてるし、何なら遊んでいないミニカーもあったりするので
物を大切にすることもますます教えていかないと!っと改めて日々思うばかりです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ