ペットは癒しの神様


 我が家には現在柴犬が1匹います。
室内で飼っています。
生後2か月で我が家に来てしつけるのは大変でした。
秋に我が家に来たので冬の間は室内で飼って春になったら外に出してやってくださいとのことでした。
でもいったん家の中で飼ってしまうと中々外には出せないものです。
その当時はミニチュアダックスも飼っていたので一匹だけ外に出すのはかわいそうで(人間の勝手なエゴですが・・・)尚のことです。
全然タイプの違う2匹だったので初めは心配いましたが、そんな心配は無用でした。
いつも2匹で仲良く過ごしていました。
ダックスの方が先に我が家にいたのでその子にいろいろ教えてもらっていたようです。
なんでも真似をするんです。
親代わりのようなものだったんでしょうね。
その姿を見ているとこちらも勉強になりましたし、本当にほのぼのする光景でみんなが癒されていました。
ペットがいるだけで家の中が和むんです。
でもそんな光景も昨年の初夏の頃まででした。
ダックスが病気で死んでしまったのです。
家族ももちろん悲しかったのですが、柴もしばらくはダックスを探したりふさぎ込んだりして心配をしました。
でもだんだん一人でいることにも慣れて明るさが戻ってきました。
昨年は母親も他界し家の中がガランと淋しくなってしまったのですが、そんな淋しさを柴が癒してくれています。
本当にこの子がいなかったら家の中はもっと淋しかったでしょう。
今では柴のしぐさを見ているだけで、触れ合うことで家族みんなが癒されています。
いなくてはならない存在です。
今やペットは本当に家族の一人になっているなと感じています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ