[ペットの思い出]骨付きチキン事件


ケンタッキーフライドチキンが久しぶりに食べたくなったので、家族の記念日にかこつけて買いました。
そして、家族で食べて、ゴミ箱に捨てて、忘れてたのですが、
朝、ガリガリというなんか歯ごたえの良い音と共に目が覚めました。
ふと見ると、猫が人が捨てた骨をどうやってかゴミ箱から回収して、噛み砕いてたのです。

今までの猫を被ってる姿と違う、野生的な一面にとても驚きました。
固い骨をものともせず噛み砕いているのです。

が、鳥の骨が喉に刺さったりすると大変な事になるので、チキンの骨は、猫には、手が出せない場所に完全に捨てました。
それ以来、我が家に持ち帰りでケンタッキーフライドチキンを持ち帰る事は、無くなりました。

骨付きの鳥を食べることもありません。
何せ、猫が間違ってゴミ箱から発掘しないとも限りませんから。
でも、年をとったせいか、最近は、ゴミ箱を荒らすことも無くなりました。
若い頃にやったいたずら三昧を反省してるのか、年をとって何も可も面倒だと思ってるのかよく寝ています。
たまに野生的な一面も見たいなぁ、って思ってしまいますが、猫をかぶってるのか本当に大人しくなってしまったのか昆虫を捕まえたりもしなくなりました。
起きたら、枕元にギョッとするような贈り物をもって来る事も無くなりました。
安心する反面ちょっとだけ寂しいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ