[ペットの思い出]馬鹿な犬ほど可愛い


18年飼っていた犬が死んで半年ほど経ちました。
何か心にぽっかり穴が開いた様な気がします。
子供の頃から犬を飼っていて、その犬で5匹目でしたが、一番手が掛かった犬でした。
とにかく咬む犬で、2~3ヶ月の子犬の頃から咬んでいました。
特に手に対して攻撃的で、数え切れないほど咬まれました。
病院のお世話になったのも1回では無く、今も左手の人差し指に縫った跡が白く残っています。
子供の時から動物好きで怖いと思った事は一度も無かったのに、その犬を飼ってからは子犬を撫でるのも怖い時がありました。
テレビで無造作に触ったり、唸っている犬に平気で近づく人を見ると今も怖くてたまりません。
散歩の時は、別の悩みがありました。
飼い主も他人も他犬も分け隔てなく噛む犬なので、散歩の時は近付けない様に気を付けていたのですが、小さな犬を飼っている人は自分の犬が大丈夫だからと言って、繋いでいなかったり平気で近付けてきます。
その度に犬を引きずって逃げていました。
家では、自分の犬なのに撫でる時は恐る恐る手を出して、横になっている時は息を止めてそっと横を通った事もあります。
もし、飼う前にこういう犬だと分かっていたら、絶対飼わないです。
その関係が少しずつ変わってきました。
あれだけ噛んでいた犬が咬まなくなったのは、8~9歳の頃だったと思います。
その頃、血が出るほど咬まれたことがありましたが、寝ぼけていただけで本気で咬むつもりはなかったと思います。
そして最後でした。
ようやく穏やかな時が巡ってきましたが、あまり長くは続きませんでした。
最初に病院のお世話になったのは、犬が12歳を過ぎた頃でした。
始めは軽い病気で薬を飲んで経過を見るという事でしたが、だんだん薬の種類が増えていきました。
でも、そのお蔭で18年も生きる事が出来ました。
恐る恐る撫でていたのが無造作に撫でてやれるようになって、平気で抱き上げられるようになって、心が通うようになったと思った頃に死が近づいていました。
あんなに怖かった犬が今は愛おしいだけです。
幽霊になって戻ってこないかと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ