[ペットの思い出]番犬とペットの違い


近所でも番犬なのかおりの中にいれてある犬をときどきみかけます。自分たちでもそうでしたが、忙しいとなかなか散歩に連れていってないのも実情でした。外で飼う犬としてはおりの中か鎖でつなぐのかどちらがいいのかよくわかりません。今のペットはとくにペット食というのを食べているんで、糞や尿の臭もあまりしないようにできています。しかし、ときには臭うこともある動物たちもいてそれは人間と同じものを食べているのかもしれないと思ってしまいます。周りにあまり住宅もないところですが、犬自体が少しかわいそうな気もします。よく吠える犬というのはときには、助けをこいているときもあるのかもと思います。大きな犬なのでもし離れたときに迷惑をかけると思っているのでしょう。番犬としてはとても優秀でよく吠えます。犬は飼いたい人たちも多いですが、犬の飼い方としては昔からあまり変わっていないようなところもあります。糞の始末や散歩の方法などもっと簡単にできる方法とか、スマートフォンができているわりには今の時代にはついていけない犬たちも多いということではないでしょうか?強いていうと猫を外で飼っている人たちのために手作りの猫ハウスなどをつくっている人たちもいます。しかし、その値段は相当高いものとなっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ